年収以外の審査の要素

 

おまとめローンに限らず借金というと、やはり年収がモノを言うと考えられがちであります。ですが、借金の審査というのは年収だけではなく、色々な要素から判断されるものであり、特におまとめローンはそういった要素が考えられるのは顕著です。ではどんな要素がおまとめローンの審査で見られるのでしょうか?

 

 

職業、雇用形態と、勤続年数

 

まず、おまとめローンで見られる審査要件としては、雇用形態や勤続年数など、どんな職業の状況を続けているのかという点を見ます。やはり安定的な職業は強く、公務員のような職業ですと、雇用が安定していますので評価は高いものであります。また雇用形態も正社員のほうが年収も雇用形態としても信用が高く、非正規雇用のような不安定な収入の人よりもお金は借りやすいと言えます。また、勤続年数も長いほうが、安定した収入と返済が期待できると判断されますので、審査に通りやすいものであると言えるのです。

 

アルバイトで収入が低いならおまとめローンが便利

 

事故歴など不利な点がないかどうか

 

過去に自己破産などといった事故があったり、申請を何件も短期間にしたなど金融関連で事故があったりしますと、審査に通らない傾向が強くなります。やはりこういったことがあると信用性というものがなくなってしまいますから、審査に通る可能性は低くなります。そうならないようにするためにも、自分に合ったおまとめローンや借金をしたり、返済をまじめに行うなど普段からの行動を気を付けておく必要があると言えます。

 

 

過去にご利用があったりするとかえって好印象な場合もある

 

借金はしているよりもしていないほうが有利ではないか?と考えてしまいがちですが、実は却って借入していな人よりも借入れ実績がある人のほうが審査に通りやすい面もあります。その理由とは、借り入れ実績があると、継続的にお金を借りたりしてくれると判断されるからです。もちろんしっかりと返済してくれる人でないといけませんが、長期的なお付き合いができる可能性があるときには、審査が通りやすい面があります。

 

資産や人的資源が他にどれくらいあるか

 

後は、その人が持っている資産がどれくらいあるかや、親や配偶者などにどれくらい収入があるかなどどれくらいお金が回収しやすい側面があるかどうかという面を見ます。収入面が少々低くても資産や他の人の当てがあれば、返済可能性が高いと判断されますので、審査に通りやすくなります。

 

 

おまとめローンでは特にこれらの面を良く審査してきます。 これらの面で少しでも有利な面があれば、条件のいいところを積極的に利用してみるといいと思われます。