アルバイトで収入が低いならおまとめローンが便利

お金が足りない時に気軽にお金を貸してくれるところがあると大変便利ですよね。一度キャッシングやカードローンの便利さを味わってしまうと、たくさんの消費者金融からお金を借りてしまって、どこにお金をいつまで返せばいいのかわからなくなってしまったり、頭の中が混乱してしまったりします。 さらに返済が遅れてしまって大変なことになってしまうのかもしれません。そんな時にはおまとめローンを利用しましょう。数々のメリットに恵まれるので、収入の低いアルバイトの人でも安心です。

アルバイトの私にぴったり

私は25歳の男性です。1週間に4回アルバイトをしています。コンビニで働いたり、ドラッグストアの店員をして出ています。給料はあまり高いものではないので、キャッシングやカードローンを利用してお金を使うこともあります。私の場合は五つの消費者金融からお金を借りてしまって、混乱した時期があります。 どこの会社に、いつまでお金を返せばいいのか全くわからず、返しそびれてしまって、ブラック扱いにされたこともあります。そんな時におまとめローンとの出会いがありました。私が選べたのはおまとめローンのおすすめを紹介してるサイトからです。

おまとめローンとの出会い

おまとめローンの特徴は、複数の消費者金融からの借金を一本化する方法です。インターネットで、どうやったらお金をきちんと返せるかどうか。自分なりに調べていました。そんな時におまとめローンを使えば、わかりやすくて便利だよ、との口コミがあったので、申し込んでみようと思いました。おまとめローンの特徴は借金の一本化です。 一本化するといいことがあります。それは返済するのが1回で済むことです。複数の消費者金融からお金を借りてしまうと、毎日のように返済をしなければいけません。消費者金融によっても返済の期日が違ったり、返済負担が違ってきて、よほど厳密にスケジュールの管理しないと、返済がしきれなくなってしまいます。おまとめローンなら1回で済むので遅れることはありません。アルバイトで忙しい私にも、手間がかからないので嬉しいです。

返済が楽

おまとめローンを契約してから、忘れないで返済をできるようになりました。返済の期日を遅れることがなくなりました。その他にもいいことがありました。毎月の返済額が少し下がっていたのです。これなら毎月の負担が少し軽くなったので、懐も楽になりそうです。 アルバイトで毎日の生活も苦しく、自由にお金を使える状態ではありませんでした。複数のキャッシングやカードローンを使って、返済が免除になってしまったな、と悩んでいる方は、おまとめローンを検討してみてほしいです。

おまとめローンと銀行カードローン

 

借り換えをする手段としては、金融業者が提供しているおまとめローンを利用する方法と銀行カードローンを利用する方法があります。おまとめローンとカードローンでは融資の性格がまるで異っており、それぞれに長所や欠点があるのです。

 

おまとめローン

 

金融業者が借り換えのために提供しているのがおまとめローンです。借り換え目的ということで総量規制の例外となり、年収の3分の1を超える金額を借りることもできます。また、現在ある程度の借金があっても、借り換えが目的なのでそれを考慮した審査が行われます。一般的なカードローンほど他社借入は審査には影響しません。

 

おまとめローン

 

ただし、あまりに借入残高が増えすぎていたり、4社以上から借り入れがあるなど借り換えをしても借金を返済しきれないと判断された場合、審査に落ちてしまうこともあります。返済については、業者が利用者にかわって返済をする方式が一般的です。利用者で返済を希望することもできますが、そのときには返済証明書の提出が必要になります。

 

銀行カードローン

 

おまとめ専用ではありませんが、銀行カードローンを借り換えに利用することも可能です。銀行カードローンは金利が比較的低めなので借り換えに適しています。借り換え目的のみにしか資金を使えないおまとめローンと違って、銀行カードローンはその他の用途にも資金を使えます。そのため、借り換えと生活のための資金繰りを同時に平行して行えるメリットがあります。

 

ただ、基本的に借り換え目的であることを審査では考慮してもらえません。一般的なカードローンと同じ基準で審査されてしまうため、他社借入が多いと審査は厳しくなりがちです。限度額を設定してもらえたとしても、借り換えをするにはまるで足りないというケースもあります。

 

どちらが利用しやすい?

 

おまとめをする目的に関しては、おまとめローンも銀行カードローンも一長一短です。おまとめローンのほうが、資金の用途が返済に限定されているということで借金の解決により重点を置いたものだといえます。その反面、通常のキャッシングには利用できないので、資金のやりくりには他のキャッシング手段を用意しなくてはいけません。銀行カードローンはそういった心配はなく、金利もおまとめローン並に低いので便利にみえます。しかし、資金用途が自由なぶん自制心を持たないと、いつまでも借金が解決しないという可能性もあります。

 

このようにおまとめローンと銀行カードローンにはそれぞれメリット、デメリットがあります。利用する人の状況により適したほうを選択することが、借金解決の重要なポイントになるのです。

更新履歴